左肩の凝りが酷い原因は、毎日重い鞄を左肩にかけるからです。

肩こりが小さい頃から酷く、歳を重ねるにつれ段々と症状が増していきました。私の場合は左肩が時々回せないほどの痛みになることもしばしばありました。ストレッチなどをして症状や痛みが軽くなることもありましたが、何日かするとまたストレッチをする前の痛みとさほど変わらない状況になることが多いです。

また肩こりからと断定はできませんが、酷くなると頭痛や吐き気などといった症状も見受けられる時があります。左肩が張ってしまい押すことも困難なこともありました。

もともと両親が肩こりが酷く私ももしたすると遺伝なのではと思いましたが、ネットなどで検索してみるとそれ以上に私生活がよくないのではと思いましたが、私は学生ということもあり座っていることの方が多く、通学やアルバイトなどで重い荷物を持つことも原因の一つだと思います。

しかし授業はパソコンや座学ばかりで休み時間以外ほぼ座っている状態です。もちろんパソコンで文字を打つことやノートを書くこともあるので下を向く作業が非常に多いと思います。また冷え性なのも原因の一つだと思います。末端冷え性なので、特に足先・指先の冷えが酷く、寝るときでも靴下が欠かせません。肩を冷やさないようにしようと心掛けてはいるものの、なかなか肩を守ることは難しいことがわかりました。

私生活にいろいろと原因はあると思いますが、私の思う一番の肩こりの症状悪化の原因は左肩にかばんをかける癖があることです。右肩で持とうと何回も矯正しようと思ったのですが、何故か気持ち悪く落ち着かないのですぐに左肩に持ち替えてしまいます。そのせいか友人の赤ちゃんを抱っこする時も左肩中心で抱いてしまい、症状が悪化するなどといったこともしばしばあります。

授業終わりが私は一番肩こりが酷くなっていると思います。肩を回すことも精一杯ということもしばしばあります。しかし学生なので授業に出ないという選択肢はないし、ノートを取らないという選択もできません。あまりにも酷い時は友人に後で写させてもらいますが、それも続けることは申し訳なく困っています。

学校にアルバイト、プライベートな時間などを考えると、肩こりだけでなかなか病院に行こうということも考えません。友人と二人でシェアルームに住んでいるのですが、家のキッチンが低く背の高い私にはキッチンで何かを切る作業さえ肩こりを感じるようになりました。友人だけに料理を作ってもらうわけにもいかないので交代で私も作っていますが、最近は下をずっと向いていることが厳しくなってきていて困っています。

一番初めに試したことはストレッチです。肩をほぐすといいと聞いたので湯船に浸かって揉んでみたり、肩を温めましたが少しましになった程度でさほど変化はなかったように感じます。

次に試したことはマットレスに変えることです。もともと敷布団で寝ていましたが、その敷布団が薄かったのか古くなり薄くなったのかはわかりませんが、地面に寝ているように固くこれも一つの原因ではないかと考えました。

私はストレッチをするよりマットレスに変えた方が効果があったように感じます。マットレスを特別いい物・値段の高い物にした訳ではありません。それでも効果があったということは、やはり安物の敷布団で寝ることはあまり良くないことなのかなと思います。

寝起きは腰が痛かったこともありましたが、高反発マットレスに変えてからはその痛みも全くありません。また上にも書いたように私は末端冷え性なのですが、靴下を厚めの物に替えたり二重履きをして寝るようにしています。これが関係しているのかはわかりませんが、ただ履いて寝ている時よりかは幾分かましになったように感じます。

肩を回すことさえ痛かった私も最近では意識をしない限り痛みを感じることも少なくなってきたように思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です